ペット葬儀で愛する家族を見送ろう

最近は、ペットの家族化に伴って、人間と同じようにペットが亡くなった場合には、葬儀や火葬、埋葬を望む飼い主も増えています。これは犬や猫だけではなく、ハムスターやうさぎなどの小動物も同じです。
ペット葬儀はまだ歴史が浅く、どのようなサービスがあるのかよくわからないという人も多いのではないでしょうか。
事前にきちんと確認しておかないと、後々トラブルが起こる可能性もありますから、葬儀の内容や費用などはきちんと確認しておきましょう。

小動物のペット葬儀について

小動物のペット葬儀について ペット葬儀は、その名前の通りペットを弔うための儀式で、基本的に人間の葬儀と流れは同じです。
従来、ペットが亡くなった場合は、焼却炉で焼いてもらったり、小動物であれば土に埋めるというのが一般的でした。ただ、近年ではペットは家族の一員としてかわいがっていますから、火葬はもちろんのこと、納骨まで人間と同じように取り扱うペット葬儀が人気となっています。
ペット葬儀は、自治体で火葬してもらう方法と、民間の業者を利用する方法とがありますが、自治体で火葬してもらう場合には、数千円程度ですみますが、民間の業者の場合には、小動物で1万円程度、大型犬では6万円程度が相場となっています。
葬儀や火葬、埋葬方法などは各葬儀社によっても異なりますから、複数の業者を比較検討した方がよいでしょう。

ペット葬儀後に骨を残すかどうか

ペット葬儀後に骨を残すかどうか 大切なペットが亡くなった時、ペット葬儀社などに依頼し荼毘にふすことが一般的ですが、その後、骨をどうするかという問題があります。
合同火葬の場合は、その後合同墓地に埋葬されるケースがあります。その際は供養代を支払えば支払っている期間は定期的に読経焼香などをしてくれます。合同火葬でもお骨を返してほしいと御願いすれば帰ってくることもあります。
また、個別火葬の場合は壺に入れて帰ってくる形がおおいですが、では、ペット葬儀のあと帰ってきた骨はどうしたらよいのでしょうか。
今までずっと一緒に暮らしてきたペットは家族同然ですので、すぐにペットセメタリーに埋葬するのも忍びないと思われる方は多い事でしょう。
その際は自宅で納得がいくまで、一緒に過ごすと良いでしょう。お花を飾ったり好きだった食べ物をお供えしてあげても良いでしょう。
余りにも気持ちが後追いしてしまってペットロスになってしまうのは大変ですが、いつも通り語り掛けたりしながら送ってあげるタイミングを待っても良いでしょう。その後はペット葬儀専門の業者などに御願いしたり自分たちで調べたりして、専用の御墓に埋葬してあげるのが良いでしょう。
定期的にお墓参りに行ける距離がお薦めです。

まずはペット葬儀の見積もりを依頼しましょう

大切な家族の見送りを丁寧にサポートしてくれます。

東京のペット葬儀はこちら