ペットと人間の葬儀の違い

ペットと人間の葬儀の違い

ペットと人間の葬儀の違い 人間の場合は埋葬料・火葬料は非課税対象ですが、ペット葬儀の場合は課税対象になります。
また人間の場合、連絡した時から葬儀が終わるまで葬儀社が執り行います。法律により24時間は火葬できませんし、通夜や告別式に向けスタッフほぼ全員で準備を始めますが、翌日が通夜・翌々日が葬儀になる事が多いです。費用も50万~100万はかかります。
これに対して、ペット葬儀では火葬車を使う場合を除き、ほとんどの遺族が遺体を斎場まで運び、斎場から葬儀社が葬儀・火葬を仕切ってくれます。すぐに葬儀・火葬が始まり、スタッフも1名の場合が多く、斎場へ着いてから2~3時間で終了します。費用も火葬料だけの1万~5万円程です。他にも人間の場合は火葬を行うスタッフに心づけを渡す場合がありますが、ペットの場合は地域によって渡さないケースがほとんどですが失礼ではないです。終活や本人の希望に合った葬儀をする人もいるのに対し、ペットの場合は遺族が決めたペット葬儀社が用意する葬儀を行います。

どこに頼めばペット葬儀が上手に進むのか?

どこに頼めばペット葬儀が上手に進むのか? ペット葬儀の上手な選び方はペット専用のセレモニーホールや火葬場がある所が良いでしょう。焼く前にペット用の棺桶が覗けて顔を確認できるものだと安心です。また個別火葬が出来て遺骨は持ち帰れる、合同慰霊碑があって持ち帰る遺骨以外の残った骨もきちんと慰霊碑に埋葬してくれる所が良いでしょう。お坊さんがいて読経をするペット葬儀屋ではしっかり供養してくれます。一周忌や三周忌法要などのアフターケアもあって選択でき、遺族の要望にも応えてくれるのが望ましいです。
ほとんどの人がやらないものだからこそ対応する業者はとても良い所と言えます。そのようなアフターケアまで行き届いている所は亡きペットも手厚く弔ってくれているはずです。霊園・納骨堂など安心して供養できる施設があって料金が分かりやすい、丁寧にスムーズに対応する所だとペット葬儀が上手に進みます。このように様々なニーズや細かな対応をする業者は少ないので確認して選びましょう。